近頃のビジネスホテル事情

近頃のビジネスホテル事情

ビジネスホテルのサービスレベルは?

観光旅行で、ビジネスホテルを使うことは、最近ではかなりメジャーになってきました。
以前ですと、観光旅行でビジネスホテルを使うのは、かなり旅行慣れした達人が一般的でした。
では、ビジネスホテルのサービスはどうでしょうか。
ビジネスマンですと、熟知していますが一般の方は知らないのが普通です。
サービスに関して順を追って説明します。
部屋に関しては、ベッドが一般的です。
備品は、浴衣(パジャマ)・歯ブラシ・髭剃り・ドライヤー・タオル・バスタオル・ボディソープ・シャンプー・リンスです。
テレビに関しては、地デジとBSは無料ですが、映画などは有料です。
有料放送は約1,000円くらいで、夕方からチェックアウトまで見れます。
夕食はほとんどの場合、ありません。
また、朝食はバイキング形式がほとんどです。
朝食無しであっても、朝食有りでも、それほど金額に差はありません。
朝食のバイキングは、現地の特産品が出ることはまずありません。
本当に一般てきな、ご飯・味噌汁・漬物・サラダ・魚・果物・パンの場合がほとんどです。
これは、全国各地それほど差はありません。
ただ、夕食がないことで、旅行の食事の幅が広がるのと、現地で好きな物を食べることが出来るというのが利点です。
夕食があるだけで、ホテルの料金がいっきに上がることを考えると、ビジネスホテルで安く宿泊して、浮いたお金で美味しいものを食べるのも良いでしょう。

ビジネスホテルに求められるサービスとは

ビジネスホテルとはその名の通り、「ビジネスマンのためのホテル」です。ですから、結婚式の会場や娯楽施設などはありません。仕事の出張のための一時的な宿にすぎません。求められるのはビジネスマンにとっての機能性です。無線LANや有線LANの充実やパソコンの貸し出しの有無。最近では疲れた仕事後の身体を癒してくれる大浴場の設備が整ったビジネスホテルや、仕事後の心地よい寝心地を提供するために枕を選べるなどのサービスを提供しているビジネスホテルもあります。また、従業員の人員面の兼ね合いもあるかと思いますが、チェックイン・アウトの手続きをタッチパネルで行うなどのスピード化を図っているホテルも増えてきています。決して広い部屋ではありませんが、長期滞在で宿泊費を抑えるスタイルで来日する外国人の旅行者にとっては、アメニティーもしっかりしており、またドライヤーもマイナスイオンの高価なものを使用していたりと、日本のビジネスホテルのサービスは十分に称賛に値するサービスであるようです。

おすすめWEBサイト

通話料の削減なら
http://line1.jp/

2017/1/19 更新